人気ブログランキング |

ねこの溜息

<   2016年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

雪柳

b0304411_22084518.jpg
福島の「花見山」の雪柳には負けますが、
今が盛りのお花です。

b0304411_22124376.jpg
マクロで撮れば、バックはどうにでもごまかせます。

b0304411_22144212.jpg
写真なんて、そんなに難しいものではありません。
いかに「自分のイメージ」を写すかなんです。

だから、写真は「記録」ではなく「記憶」です。
シャッターを切った人の「記憶」でしかありません。

そこに人の意図が入り込む「隙間」ができます。

b0304411_22232290.jpg
私の写真には何の意図もありませんが、
「写真」が「真実」では無いということだけは、忘れないでください。





by kuronekosannh | 2016-03-28 06:07 | kuronekosann

ユリカモメ

b0304411_21251642.jpg
愛知県豊橋市。
此処を流れる豊川の河口は、引き潮になるとこんな川床が現れます。
シジミ採りのお祖母ちゃんとユリカモメさん。

b0304411_21284240.jpg
長閑な雰囲気のユリカモメさん…も、

b0304411_21301511.jpg
ちょっとした事で、このようになります。

b0304411_21315853.jpg
パニックに陥ったカモメさんは、ばんばんこちらにも飛んできます。
カモメの鳴声は、ウミネコと同じ「ミャ~ミャ~」ですから、
結構姦しいんです(^^;

b0304411_21541761.jpg
ひと騒ぎすれば、こうして元の平穏に戻ります。

東京の公園みたいな「コンパクト」な場所ではありませんから、
400mm、500mmの望遠レンズが欲しくなります。
2000mmの「コンデジ」もありますが、やはり辛いのです。







by kuronekosannh | 2016-03-27 22:03 | kuronekosann

桜咲く

b0304411_07204567.jpg
東京で「桜開花宣言」がでたので、こちらでもお花を探してみました。

b0304411_07240520.jpg
うーん、まだ1分咲にもなっていませんが、お花はありました。

b0304411_07262996.jpg
正直、私は桜は「染井吉野」には拘りません。
初物さえ撮れれば、次に行ってしまいます。

b0304411_07304196.jpg
染井さんは、これで良いのです。

真っ青な空をバックに、走りのお花が今年も撮れました。

b0304411_07340814.jpg
私は「お花見」というイベントを撮る趣味はありません。






by kuronekosannh | 2016-03-27 12:18 | kuronekosann

鳥の王

b0304411_06402746.jpg
私は「鷺」が好きです。
コサギちゃんも可愛らしくて良いのですが、
日本で一番大きなアオサギさんは格別です。

b0304411_06482014.jpg
ワシ・タカなどの猛禽類とはまた違った威厳があります。
魚食の鳥類では最大なんです。

しかし、魚食性鳥類で最強なのは「鵜」。

b0304411_06551914.jpg
鷺は泳げませんから、鵜には敵いません。

それでも体がでかいので、鵜や鴨さんと一緒に撮ると、
鷺さんが一番強そうに見えます(^^;

実際どちらが強いのでしょう?

鵜と鷺が喧嘩しているところを見たことはありませんから…。




by kuronekosannh | 2016-03-27 07:05 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その637 「あら、見てたの^^;」

b0304411_05385777.jpg
いつもの「猫神社」
隣町ですが、昔はまったく知らない土地。
東京から戻って、初めてこの町に通うようになりました。

b0304411_05464636.jpg
3m位の堤防の上から撮っていますから、
まだ猫さんは私に気が付いていないようです。

b0304411_05490952.jpg
「にゃん!」と声をかけたら、ようやく気が付いてくれました。

b0304411_05505873.jpg
b0304411_05514768.jpg
b0304411_05521561.jpg
ただ単に、猫さんの表情が面白かったというだけなのです(^^;

b0304411_05551210.jpg
初見の猫さんと遊んでいたら、いつもの二匹がやってきました。

b0304411_05572043.jpg
茶白さんと、チビちゃん。

b0304411_05583481.jpg
チビちゃん、出会ってからもう半年になりますから、
すっかり大きくなりました。

b0304411_06012319.jpg
「この子、甘えん坊なのよ」と言っているような目線の茶白さん。

b0304411_06040836.jpg
猫の兄弟姉妹は、同じ時に生まれた個体に限ります。
翌年に生まれた個体はたとえ親猫が同じでも、兄弟姉妹とは考えないようです。

b0304411_06104385.jpg
「ああ、鬱陶しいわね!」
そんな表情の茶白さんですが、
チビちゃんという「子分」ができて良かったねと思いました。

b0304411_06143346.jpg
人間関係を動物の世界に当てはめる事はできません。

それでも、こんな猫さんの姿を見ながら、
彼ら彼女らの関係を想像するのは楽しい事です(^^)。

b0304411_06212635.jpg
「お姉ちゃん。頑張って、チビちゃんを助けてあげてくださいね。」

そんな事を思わずにはいられませんでした。

















by kuronekosannh | 2016-03-27 06:25 | kuronekosann

四手辛夷(シデコブシ)

b0304411_22141262.jpg
モクレン科
桜の咲くちょっと前の季節を代表するお花です。

b0304411_22183084.jpg
庭木としても良く見かけるお花ですが、
本来は湿地生の植物だという事、知っています?

b0304411_22250842.jpg
正直、私も此処を訪れるまで知りませんでした(^^;

b0304411_22274597.jpg
なんと、シデコブシの自生地は「愛知」「岐阜」「三重」の三県のみとか。
此処を訪れる事になったのは、まったくの偶然。
先日、河津桜を求め渥美半島を訪れた時、たまたま自生地の看板を目にしたから。
時期的に少々早かったので、家の近所のコブシが見頃になった今日、
友人を誘って、出掛けてみたのです。

b0304411_22392284.jpg
正直、とんでもなく辺鄙な場所でした(^^)
軽自動車ですらすれ違う事のできない農道のどん詰まり。
その奥の更に林の中の湿地。
運転していた友人も、「こんな道、軽トラじゃなきゃ無理だ!」
とぼやきつつもなんとか辿りついたのです。

b0304411_22483766.jpg
しかし、このお花を見た途端、彼も夢中でシャッターを切っていました。

b0304411_22503665.jpg
まあ、地元の人ですら知らない場所ですが、人はいました。
人の事は言えませんが、「お花マニア」はこんな場所もチェックしているのです。

おまけ
b0304411_22551602.jpg
猩々袴(ショウジョウバカマ)
四手辛夷の根本にいっぱい咲いていました。
此処は湿地生植物の宝庫でもあるのです。










by kuronekosannh | 2016-03-20 23:00 | kuronekosann

寒緋桜

b0304411_05483746.jpg
そろそろ桜の開花宣言が出始めました。
しかし、私は「染井吉野」のお花見はそれほど好きではありません。

b0304411_05564789.jpg
私の好きな「桜」は、「河津桜」「寒緋桜」「八重桜」など、
ピンクの色が濃い桜です。

b0304411_06000316.jpg
だから、私の「桜シーズン」は10月の十月桜から始まり、
5月の八重桜まで、半年以上続きます。

b0304411_06040225.jpg
前の会社では、10年以上もお花見の幹事をさせられていましたから、
染井吉野の開花には敏感なんですが、「お花見」には嫌気がさしていました。

b0304411_06085608.jpg
桜に罪はありません。
染井吉野も嫌いじゃありませんから、
一人で静かにお花を楽しめる場所もいっぱい知っています。

b0304411_06153050.jpg
「桜」=「お花見」≠「乱痴気騒ぎ」で行きましょう(^^)








by kuronekosannh | 2016-03-20 07:47 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その636 じ~っと…

b0304411_04382526.jpg
三毛姐さん、日向ぼっこ中。
この子はなかなか近くで撮らせてくれません。
長毛種の血が入った、とても綺麗な三毛さんなんです。

b0304411_04435787.jpg
三毛姐さんに苦戦する私を見つめていたのは…。

b0304411_04462523.jpg
「チッ! 見つかっちゃったか」とでも言いたげな茶白さん。

b0304411_04491040.jpg
なんともふてぶてしい態度の猫さんでした。

b0304411_04532245.jpg
一口に「街猫」と言っても、
ノラさんから、外飼い猫さんまで、境遇も性格も様々です。

b0304411_05044377.jpg
この白茶さんは飼い猫さん。
「遊んで~」と声をかけてきたのですが…、

b0304411_05083000.jpg
このモールが「結界」になっているのか、こちらに来られません(^^;

b0304411_05095298.jpg
ようやくご対面。
安易に道路に出て行かないように躾けられていたのでしょう。
とてもお行儀の良い猫さんでした。

b0304411_05132540.jpg
b0304411_05140343.jpg
b0304411_05144384.jpg
b0304411_05153331.jpg
b0304411_05160967.jpg
遊んで欲しいんだけど…「知らない人には気をつけなさい」と、
お家で躾けられているようでした。

まあ、十猫十色。
相手に合わせてシャッターチャンスを探るのも、猫撮りの面白さです。



by kuronekosannh | 2016-03-20 06:36 | kuronekosann

「津波ライン」

b0304411_20224414.jpg
「小ネタ」です。

私の故郷の町は、三河湾のどん詰まりに位置しています。
海沿いの地域では海抜1m未満ですから、
三河地震や伊勢湾台風の高潮で浸水被害を受けています。

しかし、三河湾は間口が狭いですから、甚大な津波被害に遭うことはまずありません。
幸い、私の実家は河岸段丘の上ですから、
過去に一度も浸水や津波を受けた事はありません。

この標識があったのは、過去の漁師町地域。
家から1kmも離れていないのですが…
海沿いでは必要な事です。

私の大学の専攻科目は「自然地理」でしたから、
地形と自然災害の関係は熟知しています。

東京は意外と水害に弱い街です。
だから私は、常に高台に住むようにしていました。
神田川とその支流が氾濫する場所は、地形図を見れば一目瞭然です。

渋谷の「渋谷川」もヤバイ。
「溜池山王」が水没した時も、「当然」だと思いました。

そもそも地名に「谷」や「池」とつけるのは、古来から水を集める場所なんです。

この標識があるのは「平井」という地区です。
元々「河岸段丘の外れの平地」に湧水があったのですから、
水が入ってくれば、即溢れます。

「地理学」の面白い所は、こんな所。

これは「言葉遊び」ではありません。
「地名」とはそんな深い意味を持っているのです。




by kuronekosannh | 2016-03-16 21:52 | kuronekosann

春は駆け足でやってきます。

b0304411_19330637.jpg
河津桜とメジロちゃんにかまけていたら…

b0304411_19343242.jpg
足元には「スノードロップ(釣鐘水仙)」や、

b0304411_19365024.jpg
クリスマスローズが。

「お花」をテーマとしているカメラマンにとって、
春はとても悩ましい季節です(^^)

b0304411_19391582.jpg
「八重のクリスマスローズ」

この時期、梅・桜・桃を追っかけるだけでも大変なのですが、
私は全てのお花を撮ってあげたいと思っています。

b0304411_19451813.jpg
「ヒマラヤユキノシタ」

このお花も大好きです。
特別な所に出かけなくたって、ご近所のお花巡りは楽しいものです。

b0304411_19490188.jpg
「木瓜」

一回のブログで全てを紹介できませんから、つづく…。









by kuronekosannh | 2016-03-16 20:16 | kuronekosann



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧