ねこの溜息

<   2015年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

にゃんこにゃんこ その625 元気しています

b0304411_23455013.jpg
猫神社の水仙も咲き始めています。
今年は暖冬なので、紅葉は遅く、春のお花は早めでしょうか?

b0304411_23485186.jpg
新人の茶トラさんに気を取られていましたが、
いつもの三毛姐さんと、チビちゃんも居ました。

b0304411_23513635.jpg
最近のチビちゃん、三毛姐さんに影響されてか、
やや用心深くなったようです(^^;

b0304411_23535925.jpg
三毛姐さんの後を追いかけるチビちゃん。
暖冬は街猫さんにとってもありがたい事です。
寒冷地の街猫さんの中には、冬を越せない子も多いのです。

一応、年末最後のエントリ上げることができました(^^)

それでは、良いお年を!






by kuronekosannh | 2015-12-31 23:59

にゃんこにゃんこ その624 寒椿

b0304411_23163461.jpg
実家の庭の椿。

b0304411_23180030.jpg
私は、実家に帰ってから、この家の「処分」に困っています。

私が住む家を建てるためには、古い家を取り壊さなくてはなりません。
その際に、裏庭にあるこの椿の木も切られてしまうのか?

まあ、家を作るなんて「一生に一度」の事ですから、
「贅沢な悩み」なのですが、今はそんな事に悩んでいます。

b0304411_23291766.jpg
さて、「にゃんこにゃんこ」ですから、猫さんです。

b0304411_23310560.jpg
いつもの猫神社に新しい猫さんがいました。

b0304411_23341134.jpg
なんとも可愛らしい茶トラの子猫。
私の目標は、自分の家で猫を飼う事。

b0304411_23380336.jpg
どんな猫を飼う事になるのでしょうか?

私は「黒猫」と「三毛」を飼った事があります。

b0304411_23414721.jpg
しかし、こんな茶トラの子猫をみちゃうと…。

正直、どんな猫さんでも良いんです(^^;
猫と暮らした子供の頃の郷愁なんです。








by kuronekosannh | 2015-12-31 06:14 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その623 今年の締めです。

b0304411_22505399.jpg
今年は「転居」という大きな変化がありました。

b0304411_22524861.jpg
東京の猫さんとは会えなくなりましたが、
こちらでも猫さんに会えるようになりました。

b0304411_22563298.jpg
「のび~」
猫さんを撮るのは簡単です。
しかし、猫さんは「モデル」ではありませんから、
狙ったポーズを撮るには、ひたすら忍耐が必要となります。

私の、もう一つの被写体である野鳥など、
もっと「忍耐」が必要ですから、気の短い人にはお薦めできません。

b0304411_23024915.jpg
でも、粘ればこんなカットは撮れます。





by kuronekosannh | 2015-12-30 23:11 | kuronekosann

動物の目

b0304411_20535548.jpg
私はアマチュアカメラマンですが、目指しているものはあります。
私の「被写体」は、猫・鳥・動物・お花・花火なので、
基本的に「人」にレンズを向ける事はありません。

「人」を撮らなくなった経緯は、
私のブログに理不尽ないちゃもんを付けてきた人がいたから。

ネットの世界は「オープン」です。
b0304411_20323218.jpg
「リクトカゲ」
なんともキュートな「目」ですね。

「オープン」て何? と思う方もいるでしょう。
「SNS」や「ツイッター」、私も多くのアカウントを持っていますが、
実は使っていません。

b0304411_20392769.jpg
安易に個人情報をネットに曝け出す事は、愚かな事です。
私のメインの「メールアドレス」、30年変えていません。

無意味な記号の羅列が、かえって「スパム」を呼び寄せないのです。

b0304411_21443841.jpg
さて、オチはどうしましょう(^^;

私の写真にまでちゃちゃ入れて来る「バカ」もいます。



b0304411_20443465.jpg
このカットに、何ら思想表現の意図などありません。




by kuronekosannh | 2015-12-25 21:53 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その622 豊橋の猫

b0304411_04072927.jpg
うーん、ピントが甘い(^^;

b0304411_04085280.jpg
Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm VR。
とても使い勝手の良いレンズなんですが、
光量が足りないとしばしばピント不良を起こします。

b0304411_04171689.jpg
まあ、AFレンズに完璧など求めちゃいけないのです。
私はそう思っています。

b0304411_04202234.jpg
AFが完璧であれば、レンズに「ピントリング」など必要ありません。
コンデジならともかく、「ピントリング」のついているレンズを使うなら、
一度はMFで撮って見るべきです。





by kuronekosannh | 2015-12-22 10:06

鳥さんの楽園、見つけました(^^)

b0304411_03130473.jpg
東三河にある公園は、人工的過ぎるのです。

東京の公園の方がワイルドで、「森林」と言っても良いくらい(^^;
「新宿御苑」「石神井公園」「和田堀公園」「東京港野鳥公園」「浜離宮恩賜庭園」…、
どれも「人工林」なのですが、中に入ると迷う位、鬱蒼とした雰囲気を持っています。

b0304411_03293638.jpg
こちらの公園に、そんな「森」はありません。
どちらを野鳥が好むかは一目瞭然なんです。

しかし、この豊橋市郊外にある公園、
芝生広場でヒドリガモがたわむれていました。

b0304411_03362258.jpg
鴨さんにバンちゃんにユリカモメさんと、大賑わい。
12月21日撮影。
この日はあいにくの小雨の中での撮影でしたが、
この公園にはカワセミさんが居ることも確認しています。

b0304411_03432711.jpg
街中の公園らしく、アヒルさんもいます。

b0304411_03450422.jpg
こんな公園が近くにあって、ホント良かった。
ただし、此処に行くには「公共交通機関」ではとても不便なんです。
愛知県は「車社会」ですから、ダメですね(^^;

これからの高齢化社会を見据え、地方の公共交通機関の充実が求められます。







by kuronekosannh | 2015-12-22 06:11 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その621 いつもの猫さん

b0304411_22293528.jpg
こちらにも猫さん結構いるのですが、
いつもカメラを持ち歩いている訳でもないので、
どうしても「常連さん」が多くなってしまいます(^^;

b0304411_22325672.jpg
この2匹、完全に私の事を覚えているのに、
なかなか懐いてくれません。

b0304411_22352025.jpg
茶トラさん。

私を見かけると「にゃ~にゃ~」と寄ってくるのですが、
私は猫撮影に餌は使わない主義なので、いつも寸での所で逃げられてしまいます。

b0304411_22394659.jpg
ブチさんもなんとも毛並みの良い猫さんです。

二匹とも、誰かに餌を貰っているのでしょう。

だから、餌をあげない私を嫌っているのかもしれません。


b0304411_22455255.jpg
それで良いのです。

私は猫さんの気を惹く為に餌を使いたくはありません。
時間が掛かろうが、そうしていても猫さんの信頼を得られると思っています。

その結果が、この「にゃんこにゃんこ」なのです。





by kuronekosannh | 2015-12-21 06:28 | kuronekosann

三河国一之宮

b0304411_21112713.jpg
「砥鹿神社」
鎮座1300年以上の歴史を誇る大社なのですが、案外こじんまりとした所です。

b0304411_21212515.jpg
本殿も質素なのですが、奥宮が北方に聳える海抜789mの本宮山頂にあるので、
神域はとても広い神社です。

お正月ともなれば、近所にある「豊川稲荷」と並んで人でごった返すので、
少し早く年の瀬のご参拝をしてきました。

b0304411_21282417.jpg
境内にあった日本一の大きさの「さざれ石」。
この神社を訪れたのはほぼ40年ぶりでしたから、
こんなものがある事を初めて知りました。

奥宮のある本宮山は、気軽に登れるお山なので、
結構登っていたのですが、なぜか「里宮」はいつもスルー。
降りる駅が一つ違いましたから(^^;

b0304411_21384350.jpg
「砥鹿神社」と言うくらいですから、神獣は「鹿」。
昔は本宮山にも「鹿園」があったのですが、それも昔のお話。

せめて、長瀞の宝登山くらい参拝者や観光客が来てくれたなら、
「鹿園」も維持できたのでしょうが…。

b0304411_21461998.jpg
今では、こんな張り子の鹿さんしか居ません。

b0304411_21475281.jpg
それでも、なんとも可愛らしいものです。

昨年までは、宝登山で本物の鹿さんと遊んでいた者としては、
忸怩たる思いがあります。

それでも、豊橋市内で「鴨」と「カワセミ」のいる公園を見つけましたから、
近々、ご紹介したいと思っています。








by kuronekosannh | 2015-12-20 21:54 | 歴史

海辺の鴨さん

b0304411_22485856.jpg
竹島の鴨さん。

私は鴨は淡水域の鳥さんだと勝手に思い込んでいました。
しかし鴨さんは「渡り鳥」。

海水域でも生息できます。

b0304411_22545843.jpg
「ヒドリガモ」
瓢湖では水草を餌としていますが、海岸では岩海苔やアオサを食べています。

b0304411_22584691.jpg
「オナガガモ」
都内では、街中の池や川にいますが、こちらでは「海鳥」です(^^)。
動物は、環境に適応して生きていく力があります。

私も東京に居た時は自動車など必要としませんでした。
しかし、田舎で自動車に乗れない事は「死活問題」になります。

私の実家は駅から徒歩3分なのですが、駅前の商店街は無くなっています。
ちょっと買い物するにも、郊外のバイパス沿いのお店に行かなくてはなりません。

自動車は便利ですが、「不自由」なので今だ好きになれません。
まあ、そんな事言っていてもしょうがありませんから、
とっととオートバイを手に入れようと思っています。






by kuronekosannh | 2015-12-19 23:21 | kuronekosann

カモメ、カモメ🎶

b0304411_04174012.jpg
チドリ目カモメ科カモメ属。
この種の鳥さんの識別はとても厄介です。

でかいのは「オオセグロカモメ」。小さいのは普通の「カモメ」さんでしょうか?
愛知県蒲郡市竹島にて撮影。

b0304411_04260527.jpg
小さな野鳥や、カモとシギの区別なら大体判るようになったので、次は「カモメ」です。

b0304411_04313347.jpg
この子は「ユリカモメ」

「カモメ」は、ほぼ同じ恰好をしています。
違いは「大きさ」と、「嘴と足の色」くらい。

鳥さんにハマると、こんな些細な違いに拘るようになってしまいます(^^;




by kuronekosannh | 2015-12-19 06:16 | kuronekosann



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧