ねこの溜息

<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

滝桜

b0304411_03075041.jpg
「花桃の里」を後にして、次に向かったのが三春の滝桜。
飯坂温泉からローカル線で福島へ。

そこから郡山まで新幹線を使い磐越東線で二駅。
福島から郡山まで、新幹線ならたった一駅、14分で着いてしまいます。
在来線なら50分。
しかし、在来線は1時間に1本しかありません。
福島駅でも、郡山駅でも乗り継ぎ時間は1分。

これが地方を訪れた時の最大の難所なのです(^^;

幸い、今回はうまく乗り継できましたが、乗り継ぎできなきゃ1時間の時間のロスを見込んだ計画を立て下さい。

b0304411_03440215.jpg
「三春の滝桜」

樹齢1000年を超える枝垂れ桜です。

b0304411_03561821.jpg
この木を目の前で見ると、畏敬の念しか湧いてきません。

我が国の桜は染井吉野だけではありません。
その染井吉野も、江戸時代に作られた「園芸品種」です。

お隣の国がなんと言おうが、桜は我が国のものです。







by kuronekosannh | 2015-04-27 04:25 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その587 4月19日 飯坂温泉にて

b0304411_23464747.jpg
どんなにブログを書き連ねようが、「にゃんこにゃんこ」だけは続けます(^^;

b0304411_23492187.jpg
飯坂温泉で猫さんの喧嘩する声を聞きました。

どうやら、一枚目の白猫さんをこの白黒さんが追いかけているようで…。

b0304411_23523922.jpg
しかし心配は要りません。
この白猫さん「♀」が、白黒さん「♂」を翻弄していただけなのです。

b0304411_23555890.jpg
こんな雄猫さんの表情を見ると切なくなります…。

猫の世界は「♀」を中心に廻っているのです。






by kuronekosannh | 2015-04-26 23:59 | kuronekosann

桃源郷 その2

b0304411_23023741.jpg
花桃のお花、桜よりは梅に近いと私は思っています。

b0304411_23073081.jpg
とにかく「ゴージャス」(^^)
この凝縮感は花桃ならではです。

b0304411_23102100.jpg
こんなツートンカラーのお花に贅沢なシベを見れば、
間違いなく桃と梅は兄弟なのだと思います。

b0304411_23141899.jpg
私が毎年訪れていた青梅市の梅の公園の梅。
昨年、全山伐採されてしまいました。

ウイルス性の病気が蔓延したので仕方ないのですが、
私は最後の梅のお花を撮りに行きました。

こんなツートンカラーの梅のお花もいっぱいありました。

桜にこんなお花はありません。

b0304411_23202118.jpg
熟れた梅の実は桃と同じ香りがします。
ただし、生では食べられません。

私の家では祖母が梅と桃を作っていたので、
子供の頃、梅の実を齧って酷い目にあった事があります(^^;

とにかく酸っぱくて渋いし「青酸毒」がありますから、
祖母にこっぴどく怒られたものです。

しかし、梅は梅干しや梅のエキスに加工すれば、毒が抜けてとても体に良いものとなります。

そんな記憶を思い出しながら、私は「花桃の里」を後にしたのです。








by kuronekosannh | 2015-04-26 23:31 | kuronekosann

桃源郷

b0304411_15072648.jpg
福島市の奥座敷「飯坂温泉」。
此処に「花桃の里」があります。

b0304411_15114203.jpg
私が此処を訪れるのはもう3度目になります。

きっかけは「桜」でした。

桜も梅も桃も同じ「バラ科」のお花です。

私は薔薇が大好きです。

その繋がりで「桜」を追いかけるようになったのですが、
正直「染井吉野」さんにはあまり惹かれません。

私が好きな桜は「寒桜」や「河津桜」や「八重桜」。
もちろん「梅」と「花桃」は大好きなので、毎年追っかけしています。

b0304411_15330048.jpg
「花桃」

こんな花では「実」をつける事はできません。

しかし、なんともゴージャスなお花です(^^;

b0304411_15422339.jpg
福島は桃の産地として、山梨と競っています。

私は「福島」にエールを送りたいと思っています。
山梨も頑張れ!




by kuronekosannh | 2015-04-25 15:51 | kuronekosann

花見山公園


b0304411_22515523.jpg
「ふくの島、福島」ってJRがキャンペーンをはっていますが、
福島県は昔から「花の里」でした。

このカットは「花見山」の麓にて。

b0304411_22565428.jpg
此処もまだ「花見山」ではありません(^^;

「花見山」は、写真家の秋山庄太郎先生が「福島に桃源郷あり」と、
晩年に通い続けた場所です。

b0304411_22592044.jpg
「花見山公園」入り口の枝垂れ桜。

此処は公共の公園ではありません。
個人のお宅の庭と、その前に広がる花木園を、
お花の時期だけ無償開放しているに過ぎません。

b0304411_06425629.jpg
私が此処を初めて訪れたのは「東日本大震災」の前年。

その後2年間休園していましたから、次に訪れたのは2013年。
その年が先代「阿部一郎氏」の最後の年でした。

b0304411_00121180.jpg
2015年。

「花見山」はどうなってしまうのか?
そんな私の杞憂を吹き飛ばすように「花見山」は賑わっていました(^^)。
3代目の「阿部一夫氏」が、故人の遺志を継いで、
今年も「花見山」は盛況でした。

b0304411_00222453.jpg
ブワッと咲いた雪柳。
b0304411_00253985.jpg
母屋の脇のチューリップ畑。

b0304411_00313115.jpg
b0304411_00325806.jpg
「ラッパ水仙」

b0304411_00341633.jpg
「里桜」

b0304411_00350902.jpg
「ベンチ」(^^)

b0304411_00442515.jpg
「木瓜」と「雪柳」のトンネル。

今回は、現地に1時間ほどしかいられませんでしたから、
お山には登りませんでした。

b0304411_00483021.jpg
庭園の最上部より、阿部家の母屋を望んで。

ご覧の通り、此処は阿部家のお庭です。

b0304411_00532014.jpg
サギのオブジェ。

お庭には、こんなものがいっぱいあります(^^)

b0304411_00580806.jpg
このお宅の「庭園」は魅力的です。

この背後には「花見山」というお花の楽園が控えています。

今年は時間がなくて、お山には登れませんでしたが、
行って良かったと思いました。

b0304411_01040949.jpg
時間が無くたって、お腹いっぱいになれる位の「絶景」が見られる「花見山」。
是非一度、自分で「体感」していただきたい場所です。























by kuronekosannh | 2015-04-24 01:11 | kuronekosann

「一所懸命」

b0304411_09165365.jpg
ムクドリさん。

「いっしょうけんめい」の語源は「一生懸命」ではありません。
「一所懸命」です。

意味は「一つの所で命がけで尽くす」です。

b0304411_09263764.jpg
ヒヨドリさん。

私は今の部署で18年も働いてきました。
サラリーマンとしてこれだけ長く「移動」や「異動」がなかったのは、
社内でも異例な事です。

その間、会社は分裂や合併を繰り返し、今の部長で4人目。
「取り残された」という思いはありません。
自分で望んだ「好きな仕事」をずっと続けて来れたのです。

b0304411_09435995.jpg
オオバンさん。

私の退職日まであと半月を切りました。
私の抱えていた仕事は、三人に割り振る事になります。
一人で三人分の仕事をこなしていたのです。

薄々とは感じていたのですが、好きな仕事でしたから苦ではありませんでした。
私の給与ベースはおそらく「部長」を超えています。
もっと早く管理職になっていたら、会社に残れたかもしれません。

しかし、私は「現場」にいたかったし、会社もそれを望んでいたのです。
でも、我が社は今季大きな機構改革をします。
そこで、私の居場所は無くなりました。

b0304411_10091303.jpg
未練が無いとは言いませんが、
そろそろ後進に道を譲らなくてはとも思っていたので、決断しました。

「一所懸命」
これから社会に出る人に私が送りたい言葉です。
私は「一所」に居られた事を後悔はしていませんから。





by kuronekosannh | 2015-04-18 10:18 | kuronekosann



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧