ねこの溜息

<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

またまた「ぐち」です。

win8.1に手間取っています(^^)

「使える」と「使い勝手が良い」とは違います。

今のところは「移行期間」なので、外部ストレージは全部外しています。
だから、画像が貼れません。

「エクスプローラ」の機能が確認できるまでは、この状態が続きます。

何とも厄介な状態です。

ネットから切り離した古いマシンは、すこぶる程に快調に動いているのですから(^^;
by kuronekosannh | 2013-11-30 16:15 | kuronekosann

win8.1、使えね~(^^;

私は「mac」が大嫌いです(^^;
「ユーザーフレンドリー」の名のもとに、デスクトップから「ファイルマネージャー」を見られなくしていたからなのですが、win8.1も、同じ過ち犯しています。

私のような「古くから」のPCユーザーにとって、必要なファイルが「何処の階層」にあるのか直観的に見たい者に、今のシステムは使いずらいのです。
by kuronekosannh | 2013-11-30 11:06 | kuronekosann

win8.1

おはようございます。

私のXPマシン、あまりに「ネットワーク接続」が不安定になっていたので、新しいPCを購入しました。

OSはWin8.1。

今までXPとはいえ、ずっとWin2000のスキンを使っていましたから、正直戸惑っています。
こいつをどう「飼い慣らそう」かと(^^;

正直、ネットへの接続はあっけないくらい簡単でした。
IDもパスワードも必要ありません。
旧マシンからLANケーブルを引っこ抜いて、新しいマシンに挿しただけです。


ネット接続とは随分「簡便」になったのですね。
この「簡便さ」には、恐怖すら感じます。

かつての「NET接続」には、かなりの「困難と知識」が必要でした。

正直、なんで「初めてネットに接続」したPCが、依然と同じ環境で使えるのか疑問に思います。
これ、ネット接続されたPCの情報が悪く言えば「共有化」されてるだけでは…。
by kuronekosannh | 2013-11-30 08:56 | kuronekosann

二の酉

b0304411_09572.jpg

少し古いネタですが、11月15日は「二の酉」でした。
そこで、例年通り目黒の「大鳥神社」を訪れました。

私の写真のテーマは「猫」「鳥」「花」ですから、「人」は撮りません。
「イベント」も「風景」もたいして興味が無いのですが、なぜか「花火」と「酉の市」だけは例外です(^^;

b0304411_0171530.jpg

私の田舎では、祭礼といえば「花火」ですから、「花火」には無条件で惹かれます。

その代わり、年末の「酉の市」という風習はありません。

私が東京に来て一番驚いたのが、花火の出ない祭礼と、この年末の「酉の市」でした。

b0304411_0261820.jpg

もちろん「招福熊手」を飾るという風習はありましたが、私の田舎では、それは「年末年始」の行事でした。
初詣に出かけ、年が替わる前に前年の熊手を納め、新年の熊手と掛け替えるのが習わしでしたから、「酉の日」という概念が無かったのです。

b0304411_0372457.jpg

日本の「風習」とは面白いものですね。

「花火」にしたって、「祭礼花火」と「市民花火大会」では全然意味が違います。
花火バカの多い私の田舎では、「冠婚葬祭」ですら打ち上げ花火が揚がります。

なんの祭礼や記念日でも無い日に花火が揚がれば、「誰かの結婚式」か「誰かの出棺の合図」かと思うくらい、私の田舎では「花火」は生活に密着しています。
by kuronekosannh | 2013-11-28 00:54 | kuronekosann

ネズミ団子

b0304411_41558.jpg

「町田リス園」はとても小さな動物園です。

飼われているのは「タイワンリス」と「モルモット(テンジクネズミ)」「ウサギ」などの小動物ばかり。

b0304411_4465838.jpg

そんな中で、私が一番の「美人」だと思ったのが、この子。

b0304411_4222726.jpg

目の前に糞が転がっていようが、この美しさ。

もっと綺麗な子供動物園もありますが、此処は小学校の時の「ウサギ小屋」を思わせるような、なんとも懐かしい雰囲気がありました。

b0304411_4282716.jpg

「アメリカアカリス」
餌箱の中に陣取って満足気。

リスにはこうしてしっぽを立たせるものと、しっぽを垂らすものがいます。
この子やシマリスなどはしっぽを立たせ、派手な毛色をしていますから、「愛玩動物」としてより人気があります。

b0304411_4362173.jpg

でも、こんなタイワンリスの姿もまた可愛らしいのです(^^)

b0304411_4382859.jpg

リスはリス。どんなリスでも可愛らしい動物なのです。

リスやネズミに限らず、その動物の生態を知れば知るほど愛おしくなるのが「動物バカ」なのです。
by kuronekosannh | 2013-11-27 04:43 | kuronekosann

雨の水族館

b0304411_8591235.jpg

我々「ネイチャーフォト」を趣味にしている人間の最後の「シェルター」は「水族館」。

異論はあるでしょうが、私は「野にいる動物」も、「水族館にいる魚」も、区別はしません。
冬の新潟など、何時吹雪になってもおかしくありません。
そんな時に逃げ込めるのが「水族館」。

b0304411_10111830.jpg

新潟市には「動物園」がありません。
唯一の水族館も町外れにあります。

b0304411_10152734.jpg

それで良いと私は思います。
「動物園」や「水族館」は「癒しの空間」ですから、街の真ん中にある必要はありません。

b0304411_10205331.jpg

「マリンピア日本海」、リニューアルして綺麗になりましたが、飼育員さんの士気は相変わらず高いのでほっとしました。
これからも、機会があれば訪れたい水族館です。
by kuronekosannh | 2013-11-24 10:28 | kuronekosann

夜明けの疾走

b0304411_8141033.jpg

ちょっとピンボケですが…。
夜明けとともに白鳥さんは瓢湖を飛び立って行きます。

b0304411_8205970.jpg

体の大きな白鳥は、容易に飛び立つ事ができません。
20歩程の助走が必要なのですが、湖の上に「滑走路」はありませんから、他の群れを蹴散らして飛び立って行きます。

b0304411_8261358.jpg

こんな姿が見られるのは「夜明け前」の僅かな時間だけです。

b0304411_8284930.jpg

今回は天気も残念でしたが、また来ようと来月の宿を予約してしまいました(^^;

それくらい、「天然物」の白鳥には魅力があります。

b0304411_834741.jpg

皆さんにも一度此処を訪れていただきたいと思うからこそのエントリです。
by kuronekosannh | 2013-11-24 08:38 | kuronekosann

マリンピア日本海

b0304411_11435223.jpg

久しぶりの「マリンピア日本海」。
この水族館、リニューアル工事で2年間閉鎖されていました。

だから、私が此処を訪れるのも3年ぶりです。

b0304411_1202319.jpg

3年ぶりのイルカさんですが、思う存分の「パフォーマンス」を観せてくれました。

b0304411_121336100.jpg

しかし、横なぐりの雨の中では、イルカさんより「人」の方が大変そうでした。

b0304411_15303715.jpg

私も露出やシャッタースピードに苦労しましたが、ブレてはいないと思います(^^;
by kuronekosannh | 2013-11-23 15:34 | kuronekosann

ネズミじゃない!

b0304411_558251.jpg

「タイワンリス」

一見「ドブネズミ」みたいに地味な容姿ですが、この子はリス。

b0304411_6262481.jpg

もっとも、リスは齧歯目(ネズミ目)リス科ですからネズミの親戚なのですが、最大の違いがこのフサフサに毛が生えたしっぽ。

b0304411_6425691.jpg

この「しっぽ」のおかげで、リスは「愛玩動物」となりえているのだと私は思います。

b0304411_6451946.jpg

リスは前足・後ろ足を実に器用に使えます。
これはネズミさんも一緒。

むしろ後ろ足の器用さは、人間以上のものを持っています。

b0304411_6185187.jpg

11月17日、「町田リス園」にて。

此処はずっと前から訪れたいと思っていた所でした。

しかし、場所が我が家から行くにはあまりに辺鄙な所ですから…(^^;


此処数日エントリが途切れていたのは、PCのネット接続があまりに不調だったからなのです。
原因はおそらく私のPC。

ブログを始めた直後に新調したものですが、あれから5年も経ってしまいさすがに最近は今のマシンの限界を感じていて昨日新しいPCを注文してしまいました(^^;
by kuronekosannh | 2013-11-23 06:23 | kuronekosann

夜明け前

b0304411_23592093.jpg

11月11日AM6:43「瓢湖」にて。
心配していた雨も、この時間には小康状態となり、無事此処を訪れる事ができました。
この時間に「瓢湖」を訪れるのは、湖畔の一軒宿「リズムハウス瓢湖」にでも泊まらない限り、なかなか困難なのですが、五頭温泉旅館組合が早朝に「白鳥バス」(無料!)を出してくれるのでとても助かります。
ツアーに参加するには6:00前に起床しなければならないので大変ですが、こんな光景を目の当たりにすると眠気など吹き飛んでしまいます(^^)

b0304411_0144799.jpg

晴れてくれたら最高だったのですが、雨が止んでくれただけで良しとしなければなりません。
昨年は雨の降る中での撮影でしたから…。

b0304411_018551.jpg

白みかけた曇り空に向かって飛び立ってゆく白鳥さん。

この日はお昼前から天気が崩れ午後には大荒れの天気となりましたから、まさに奇跡的な数時間でした。

b0304411_024348.jpg

湖には「コーコー」と響き渡る白鳥の鳴き声と、水面を走る「バタバタ」という足音しかしない幻想的な世界が広がっています。

私は、それに魅了されて此処に通う事になりました。
馴染みの宿の女将さんや、居酒屋の大将に会うのも楽しみの一つになっています。

今度は雪が降った頃にまた訪れたいものです。
昨年は、2度めが土砂降り、3度めが吹雪と散々な目に遭いましたが、それもまた忘れられない「想い出」となっていますから(^^;
by kuronekosannh | 2013-11-19 00:34 |



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧