人気ブログランキング |

ねこの溜息

<   2012年 01月 ( 47 )   > この月の画像一覧

セキレイ

b0304411_954594.jpg


「ハクセキレイ」


 


セキレイは私の大好きな鳥さんの一つです。


 


b0304411_954580.jpg


こちらは「セグロセキレイ」


 


一見同じ鳥さんなのですが、僅かに配色が違います。


 


b0304411_954537.jpg


鳥さんと遊んでいたら、この子達が乱入して来てしまいました(^^;


 


「ドヤ顔」で来るものですから、当然鳥さんは逃げます。


 


b0304411_954595.jpg


そんな中で見つけた「キセキレイ」さん。


 


セキレイは川の下流から白・黒・黄色と分布しているのですが、


川の短い伊豆半島であればこそ、同時に見られるのです。


 


今回は残念ながら「イソヒヨドリ」を撮る事はできませんでしたが、頻繁に目にはしました。


 


2月には「河津桜」を撮りに、再びこの地を訪れるつもりです。


 


時間があれば「熱川」も再訪してみたい町ですね。


 


 


by kuronekosannh | 2012-01-29 23:02 | kuronekosann

ホームレスじゃないんだから(^^;

なぜ地下道に何日も滞在すると考えるのか?


 


あくまで「一時避難場所」と考えれば、なんの問題も無いのです。


 


雨風さえ凌げれば、翌日は帰宅・もしくはオフィスに戻れば済む話ではないでしょうか?


 


自宅もオフィスも全壊してしまうような事態なら、何処にいたって無事では済まないのです。


 


by kuronekosannh | 2012-01-29 17:49 | くだらない

にゃんこにゃんこ その455 海猫の3

b0304411_95442.jpg


ニャンともまあ熱川には猫さんがいっぱいいました(^^;


 


b0304411_954489.jpg


最初は逃げた猫さんも、粘っていたらこのとおり。


「ベストショット」を撮らせてくれました。


 


b0304411_954488.jpg


この2匹は「姉妹」です。


 


どちらがお姉ちゃんかは判りませんが(^^;


 


b0304411_954416.jpg


こうしてみると、奥の猫さんの方が「お姉ちゃん」みたいですね(^^)


 


猫の兄弟姉妹に、「年の差」はありません。


 


猫は一度に何匹も子供を産みますから、子猫の生年月日は皆一緒なのです。


 


それでも「リーダーシップ」を取れる子と、「甘えん坊な子」に別れてしまいます。


 


b0304411_954496.jpg


それで良いのです。


 


この子にはこれからこの地区の猫を纏めるという「大役」が待っているのです。


 


by kuronekosannh | 2012-01-29 10:47 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その454 海猫の2

b0304411_954438.jpg


冬は太平洋も寒々としています。


 


私の田舎では、海は「内海」と「外海」と区別して呼んでいます。


「内海」は三河湾と伊勢湾。


 


渥美半島が防波堤になりますから、静かな海です。


 


その渥美半島の東側が「外海」。


 


遠州灘(太平洋)に面していますから、沖には何もありません。


「水平線」の風景は、実は寒々しいのです。


一面に広がる水面の先に別の国があるのか?


 


子供の頃から「外海」は恐怖と畏怖の対象でした(^^;


潮流がキツイので、遠州灘で流された人は銚子まで運ばれてしまいます。


 


b0304411_954420.jpg


そんな事を考えながら海を見ていたのですが、


堤防の下にこの子がいました。


 


b0304411_954428.jpg


私の姿を見かけると、おもむろに立ち上がって…、


 


b0304411_954486.jpg


「ちょっと待て!」


 


に、素直に従ってくれた良い子です(^^)


 


b0304411_954489.jpg


なんともふくふくとした白猫さん。


 


b0304411_954440.jpg


こんな子に懐かれると、また此処を訪れたくなるではありませんか?


 


つづく


 


 


by kuronekosannh | 2012-01-29 10:03 | kuronekosann

ようやく出会えたメジロちゃん

b0304411_95435.jpg


早咲きの桜を求めて城ヶ崎海岸まで来てしまいました。


1月22日撮影。


 


b0304411_954334.jpg


此処の桜は寒桜ですから、既にこれくらい咲いていました。


 


b0304411_954374.jpg


しかしメジロちゃん、まだ桜よりはキダチアロエの方がお気に入りみたいで…。


 


b0304411_954353.jpg


気がつけば16時の閉園時間を過ぎていました(^^;


 


危うく閉じこめられるところでしたが、なんとか出る事はできました。


 


最終のバスは16:35発です。


 


by kuronekosannh | 2012-01-29 01:18 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その453 海猫

b0304411_954271.jpg


熱川は泉源が豊冨なので、至る所に「温泉塔」があります。


 


それはさておき、


b0304411_954251.jpg


海岸で見かけた猫さん。


 


壁の向こうは太平洋で、かなりしけていましたから、海岸に人などいませんでした。


 


b0304411_954292.jpg


これが当日の海の様子。


 


空気が塩っぱいくらいでした(^^;


 


b0304411_954292.jpg


それでもこの子は此処にいました。


 


b0304411_954362.jpg


手を差し伸べると…、


 


b0304411_954372.jpg


掌の上でぐるんぐるんと頭を撫で付けてきました。


 


b0304411_954353.jpg


こんな目をされては私の「負け」です。


 


この時点で地震がくれば、私は真っ先にこの子を連れて逃げます(^^;


 


b0304411_954318.jpg


伊豆の海岸に「平地」はありません。


 


津波が来れば、高台に逃るしかないのです。


 


by kuronekosannh | 2012-01-28 18:31 | kuronekosann

力の源

b0304411_954161.jpg


派手に蒸気を吹き上げる温泉の「源泉」。


 


これが「熱川バナナワニ園」の「生命線」です。


 


b0304411_954183.jpg


豊富な「温泉熱」を使って,通年で咲く熱帯性睡蓮。


 


b0304411_954167.jpg


私は「睡蓮」のお花は大好きなのですが…、


 


温泉で温められた温室では、あっという間にレンズのプロテクターが曇ってしまいました。


 


 


しばし、温室前のアイスクリームスタンドで、ココナッツアイスを食べながら、


「カメラとレンズ」を慣らしつつ再挑戦。


 


b0304411_954116.jpg


雨や雪なら、水滴を拭えば済みますが、


「結露」によるくもりだけは、拭ってもどうにもなりません。


 


レンズをその温度に慣らすしかないのです。


 


b0304411_954266.jpg


この温室には60種以上の睡蓮が咲いていました。


 


b0304411_954259.jpg


「カタログ」を作るつもりじゃないんで、全てにシャッターを切った訳ではありません。


 


b0304411_95423.jpg


古ぼけた温室で咲く「熱帯性睡蓮」。


 


b0304411_95426.jpg


なんとも華麗なお花達でした。


 


b0304411_954234.jpg


外を見れば鄙びた温泉街。


 


「熱川バナナワニ園」は、急斜面に沿って階段状に「温室」が作られていますから、


頂上はまだまだ先なのです。


 


 


by kuronekosannh | 2012-01-28 17:20 | kuronekosann

「熱川バナナワニ園」

b0304411_954126.jpg


なんとも、「人をくった」ような名前の施設です(^^;


 


しかし、此処は世界でも有数の「ワニ専門の飼育施設」なのです。


 


伊豆半島周辺には、いろいろな「観光動物園」がありますが、


中味は皆立派な「動物園」、「植物園」なのです。


 


b0304411_954168.jpg


「アマゾンマナティー」


 


「海牛類」は、アザラシよりはゾウに近い仲間だそうで、前鰭を「前足」のように使って、


水槽の中を歩いていました。


 


あまり息が続かないはずなのに、なかなか水槽の底から上がって来てくれなくて…、


水槽の前で粘った末でのカットです。


 


マナティーを「飼育展示」している施設は、世界でも3ヶ所だけとか。


 


 


b0304411_954170.jpg


控えおろう!


儂は「ニシレッサーパンダ」じゃ!!


 


とは、言っていないと思うのですが…。


 


 


 


「レッサーパンダ」も、結構あちらこちらの動物園で見かけるようになりましたが、


その全部は「シセンレッサーパンダ」。


 


「ニシレッサーパンダ」は「ヒマラヤ系」の、少し小ぶりのレッサーパンダで、


国内では、此処でしか飼育されていません。


 


希少種のはずなのに、「ブリーディング」に成功してしまったため、此処には現在24頭もいます(^^;


 


b0304411_954188.jpg


一つの檻に収まりきれないので、あちらこちらで見る事ができます。


 


 


by kuronekosannh | 2012-01-28 00:00 | kuronekosann

最強の鳥さん

b0304411_95408.jpg


動物園で一番強い動物はこの子かもしれません。


 


「アオサギさん」。


 


b0304411_954097.jpg


足元にワニがいようが、全然気にせず、餌のおこぼれを狙っています。


 


b0304411_954094.jpg


なんとも「ふてぶてしい」表情です。


 


この子に「檻」はありませんから、好きに動き回れるのです。


 


by kuronekosannh | 2012-01-27 05:36 | kuronekosann

ワニ

b0304411_954035.jpg


ワニさんの目。


 


猫のようで、おもいのほか「可愛らしい」のです(^^)


 


「熱川」といえば、「熱川バナナワニ園」。


伊豆の二日目も天気が怪しかったので、とりあえず屋根のある場所へ出かけました。


 


b0304411_954078.jpg


ワニは3科8属21種しかいない動物です。


 


この「クチビロカイマン」は小型のアリゲーター種で、一見「でかいトカゲ」のようでした。


活発で、仕草も可愛らしいので、女の子や子供にも大人気のワニさん。


 


b0304411_954094.jpg


下から眺めると、いっそう味わい深いものがあります。


 


b0304411_954059.jpg


「シャムワニ」さんは団子に。


 


クロコダイル科のワニさんは、牙をむき出しにした凶悪な表情をしていますが、


ワニは「変温動物」。


 


この寒い日本では、今の時期はこうしてじっとしているしか無いのです。


 


b0304411_954040.jpg


「ミシシッピーワニ」


 


大型のアリゲーター種ですが、やはり動いてくれません。


 


伊豆の動物園、一見「マイナー」な存在なのですが、


此処はワニの飼育では世界有数の施設なのです。


 


「動物園」「植物園」「水族館」の世界は嵌ります(^^;


とにかく、その世界に関わっている人は「熱い」人が多いですから、


自然にその世界に引き込まれてしまいます。


 


 


 


by kuronekosannh | 2012-01-26 22:24 | kuronekosann



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧