ねこの溜息

<   2011年 09月 ( 62 )   > この月の画像一覧

丸くなる♪

b0304411_05338.jpg


「フェネックギツネ」


 


9月23日、井の頭自然文化園にて。


 


b0304411_053311.jpg


丸くなるのは猫の専売特許ではありません(^^;


 


b0304411_053437.jpg


「ホンドタヌキ」さんも、


 


b0304411_05346.jpg


「ホンドギツネ」さんも、


 


皆、丸くなるのです。


 


本来なら、巣穴の中でしか見られない光景なのでしょうが、


外敵のいない「動物園」だからこそ、見られる光景なのでしょうね。


 


動物園の動物は本来の野生の姿を見せませんが、人間と共生した時の「野生動物」の姿を見せてくれます。


 


b0304411_053566.jpg


「ミミズク」さん。


 


もはや、いやがおうもないと私は思います。


 


 


我々の住む場所は、地球という「一つの星」しかないのです。


 


今更、「人の住む場所」と、「野生のままの場所」など、区別できないし、する意味などないのです。


 


 


「種の保存」を図りつつ、人類がこの星の環境を維持すべき義務を負っていると思います。


 


 


ライオンや鯨を「ペット」にしたって良いじゃありませんか?


それが、彼らの「種の保存」に繋がるのであれば。


 


 


 


by kuronekosannh | 2011-09-30 06:09 | kuronekosann

「結果ありき」で考えるから、こうなる。

>「証拠に基づかない、推論で結論を出すのは今までの判決とは違う。予想と違う」と述べ、不満の意向を示した。


 


「物的証拠」はなくとも、「状況証拠」は残っているのですから、それに正確な反論ができなかった以上、当然の事です。


 


この「思考」は、特亜の主張と同じなのです。


 


ポッポはホントに「日本人」なのでしょうか?


 


by kuronekosannh | 2011-09-30 03:43 | 民主党

夏の名残

b0304411_053226.jpg


9月19日、東京港野鳥公園にて。


 


「夏の花」のイメージが強い芙蓉ですが、今年はまだ咲き始めのような姿をしていました。


 


b0304411_053223.jpg


もっとも、この日も真夏のような暑さで、


公園内を一回りしたら汗が滝のように流れ落ちてきて、難儀したものです(^^;


 


コンタクトレンズをしていると、流れ落ちてくる汗は大敵。


目に入るととても痛くて、ファインダーを覗いていられなくなりますから…。


 


b0304411_053248.jpg


それでもこんな風景に出会うと、もう夏も終わりなのだなと思いました。


 


案の定、先週の台風の後、空気がガラっと変わりました。


 


b0304411_053389.jpg


今週は「クールビズ」とはいえ、ジャケットを着て出かけないと、


朝晩は寒いくらいになりましたからね。


 


Nikon AF-S300mm+TC-20EⅡにて。


600mm超望遠レンズでの季節のスケッチです。


 


 


 


 


by kuronekosannh | 2011-09-30 01:28 | kuronekosann

白花曼珠沙華

b0304411_053155.jpg


9月23日、井の頭自然文化園にて。


 


今年の曼珠沙華は遅いですね。


まだ花芽が多くて、おかげで先日の台風で倒されたお花は少なかったのですが…。


 


b0304411_053114.jpg


こうなると、郊外の群落地に出かけるのは、今週末あたりかと思っています。


 


ところが、井の頭公園自体は台風の影響を受けて結構えらいことになっていました。


 


b0304411_053115.jpg


こんなに傾いた大木や


 


b0304411_053124.jpg


根こそぎ倒されてしまった木が、園内にごろごろしていました。


 


幸い人的被害はなかったようですが。


もっとも、あの日園内を散歩しようなどという人などいなかったのでしょうが(^^;


 


by kuronekosannh | 2011-09-27 06:15 | kuronekosann

それぞれの事情

b0304411_053165.jpg


ハクビシンさん。


 


かつて東京は、「東京砂漠」と呼ばれた街でしたが、私に言わせれば「東京ジャングル」なのです(^^;


 


この子も三姉妹で杉並区で保護された一匹。


 


b0304411_053154.jpg


こちらも都内で保護された狸の三兄弟。


 


里山に住めなくなった動物達は、続々と都会へとやって来ています。


 


ハクビシンや狸は、知らないうちに人家に住み着いているのです。


 


 


私の住む中野区でも、この子達を見かける事があります。


 


最近は野良犬がいなくなったので、この子たちも住みやすくなったのでしょうか?


 


 


さて、ここからが人間が知恵を出すべき所なのです。


 


野良犬はいなくなりましたが、猫さんは「街猫」として受け入れようという機運が高まっています。


次は「野良狸」や「野良ハクビシン」や「野良イタチ」と、いかに共存していくのか?


 


 


かつては「渓流の宝石」と言われていたカワセミさんも、


今や都内の公園で普通に見かける鳥さんとなってしまいました。


 


動物には適応力があります。


 


それを否定的に捉えないで、いかに共存関係を築くか。


 


ドブネズミだって必死で生きているのです。


 


 


 


野生の動物と共に生きる事は素敵な事です。


by kuronekosannh | 2011-09-26 06:56 | kuronekosann

水引

b0304411_053077.jpg


Nikon AF-S 28-300mm+D7000にて。


 


この300mm、最短撮影距離が45cmしかありません。


 


b0304411_053047.jpg


これで紅白(^^;


 


かなり重いし、値段も高いのが難点なのですが、


「テレマクロ」としても、10倍ズームの「お散歩レンズ」としても大満足なレンズです。


 


特にフルサイズのD700をお使いの人には、お薦めですよ。


 


by kuronekosannh | 2011-09-26 05:35 | kuronekosann

ショウジョウトキ

b0304411_052929.jpg


「井の頭自然文化園」


 


何故此処が「動物園」と名乗らないか、このカットから判るでしょうか?


 


b0304411_052994.jpg


「フサホロホロチョウ」


 


この施設は「熱帯鳥温室」と言って、温室の中で鳥さんを放し飼いにしているのです。


 


b0304411_053026.jpg


これだけの鳥さんがいます。


 


一応柵はあるのですが、鳥さんは飛べますからあまり意味はありませんね(^^;


 


b0304411_05301.jpg


さて、この子は…。


 


檻の中の動物を外から見るのとはちょっと違った体験ができるのです。


 


 


by kuronekosannh | 2011-09-26 01:21 | kuronekosann

猫じゃ猫じゃ

b0304411_052962.jpg


ところが、ただの猫ではありません。


 


b0304411_052999.jpg


どう見たって、ただの猫なのですが…。


 


b0304411_052928.jpg


この子は「ベンガルヤマネコ」さん。


 


だから、「にゃんこにゃんこ」には入れられないのです(^^;


 


by kuronekosannh | 2011-09-25 13:28 | kuronekosann

ミツバチ

b0304411_05284.jpg


藪蘭にやってきたミツバチさん。


 


b0304411_052821.jpg


ファインダー越しに見ても、この子たちは勤勉です。


 


刺された事など一度もありませんから、こうしてシャッターを切れるのです。


 


b0304411_052825.jpg


藪蘭の蜂蜜は、どんな味がするのでしょうか?


 


by kuronekosannh | 2011-09-25 13:11 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その420 新宿猫の3

b0304411_052715.jpg


新宿十二社にある「熊野神社」。


 


b0304411_052733.jpg


新宿という街は、猫さんの楽園なのでしょうか?


 


b0304411_052742.jpg


この子が喋れたなら、にゃんと言うのでしょうか??


 


b0304411_052753.jpg


少なくとも、此処は猫さんにとって「居心地」の良い場所なのでしょう。


 


b0304411_052769.jpg


こうしてアップの表情は撮らせてもらえますが、手を出せば猫さんはすぐに逃げます。


 


b0304411_052826.jpg


それでも、この「微妙な距離感」をいかに維持するか?


 


それが、「街猫」さんを撮るコツなのです(^^;


 


つづく


 


 


 


 


by kuronekosannh | 2011-09-25 12:05 | kuronekosann



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧