ねこの溜息

<   2010年 07月 ( 59 )   > この月の画像一覧

「テレビ」なんて要らない。

私は此処5年ほど「テレビ」は観ていません。


 


CATVが入っていますから「地デジ」など、いつでも観られますが、「観るに値する番組」がほとんど無いのが現状なんじゃないんでしょうか?


 


 


>「テレビは生活に必要なライフライン。行き渡らないまま(アナログ放送を)打ち切れば、人々の生命と安全が脅かされる」


 


これは、「テレビ」を「過大評価」しすぎな意見だと思います。


 


 


人は「テレビ」など無くても生きてゆけます。


 


 


私はマスコミ関係の仕事をし、「テレビ」には大変お世話になっているんですが…「テレビ」は観ません(^^;


 


こうして「インターネット」を使ってはいますが、「テレビ」の代替ではないんです。


 


 


「テレビ」の「存在価値」を、テレビ局自らが「証明」すべき時期に来ているのだと思います。


 


 


 


「テレビ」は、全て「有料放送」にすべきです。


 


広告収入に頼った今までの「ビジネスモデル」など、既に破綻しているんです。


 


 


ましてや、NHKの唱える「受信料制」など、何の寝言を言っているのか?


 


今や、「モニター」は「テレビ」を映すだけの「道具」じゃありません。


「画面」があるから「受信料を払え」なんて商売が成立する訳がないんです。


 


by kuronekosannh | 2010-07-31 22:59 | kuronekosann

まさに「お役所仕事」

>思わぬ事態に直面した足立区は「われわれの調査は住民票上のことで、親族が『生きている』といえば、それ以上踏み込む権限はありません。


 


それでいいのでしょうか?


 


 


先日は、来日したばかりの大量の中国人に「生活保護」を与え、「子供手当て」では、いるかいないかすら判らない定住外国人の「海外子女」にまで「手当」を与えようとする始末。


 


せっかく、「我が国は日本人だけのものでは無い」などという「寝言」をほざいていたポッポが退陣してくれたというのに…。


 


 


誤った「博愛主義」や「平等主義」が、相当我が国を蝕んでいるようですね。


 


 


「実務」を担う公務員は、大変なお仕事だと思います。


 


大変だからこそ、「手抜き」をした者がいい思いをできる世界でもあるんです。


 


公務員の「減点主義」が、その「根底」にあるのではないんでしょうか?


by kuronekosannh | 2010-07-31 13:49 | 公務員

にゃんこにゃんこ その301 霊猫

b0304411_873339.jpg


町の小さなお稲荷様の「奥の院」にて。


 


「白狐」ならぬ「白猫」さんがいました(^^;


 


 


b0304411_87333.jpg


人気の無い神社の杜の中で、こうして白猫さんと向きあうと、いろんな事を想像してしまいます。


 


「お前は何者なのか?」


 


「何を望んで此処まで来たのか?」


 


 


なんて、問いかけるような目線じゃありませんか?


 


b0304411_873410.jpg


やがて白猫様は杜の奥へ…


 


 


 


 


 


「ウソ」です(^^;


 


この先は道路を挟んで住宅が立ち並んでいますから、


この子は何処かのお家の飼い猫さんなんでしょうね(^^;


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-31 10:49 | kuronekosann

四兄弟

b0304411_873397.jpg


なんとも「古典的」なツバメの巣に、可愛らしい4羽の雛がいました(^^)


 


7月25日、帰省した時に撮影。


 


都会ではなかなかこんな光景は見られませんが、ツバメちゃんはいっぱいいます。


いったい何処に巣があるのでしょうか?


 


b0304411_873381.jpg


ツバメちゃんの特徴は、大きく開く口。


 


小さな嘴は、ほとんど「飾り」みたいなモノです。


 


 


それは、ツバメさんは大きく口を開けて飛びながら、飛んでいる昆虫を捕食するからなんです。


 


幼鳥の頃は、人でいえば「唇」にあたる部分が白いんで、口の大きさが良く判りますね(^^)


 


成鳥になれば、これは黒くなるんで、あまり目立たなくなります。


 


b0304411_873344.jpg


巣の傍の電線には「ご両親」が…。


 


変な人間が、変な機械を振り回していたからでしょうか、心配そうにしていました(^^;


 


一般的に小鳥は「一夫一妻制」で、抱卵や子育ても、つがいで行ないます。


子供を虐待で殺してしまうような、最近の「バカ親」を見ていると、


小鳥にすら劣る「生き物」だと、思わざるをえませんね。


 


雛達はまもなく飛べるようになります。


 


そうなれば、親子6羽で仲良く飛びまわる姿が見られるでしょう。


 


 


しかし、それも「渡の時期」が来るまで。


 


来年、戻ってきた時には「親離れ」「子離れ」しているはずですから…。


 


 


小鳥が「家族」で居られる時期は、とても短いんです。


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-30 05:53 | kuronekosann

にゃんこにゃんこ その300 便所猫(^^;

b0304411_872829.jpg


記念すべき「にゃんこにゃんこ」300回目は、こんなタイトルになってしまいました(^^;


 


 


 


猫公園にある「公衆便所」


 


丁度日陰で、床のコンクリートも冷たいですから、今の時期は猫さんの溜まり場となっています。


 


b0304411_872978.jpg


なんとも、「無防備」な姿ではありませんか?


 


b0304411_872920.jpg


白茶さんもグデ~ン。


 


b0304411_872979.jpg


猫さんも「夢」を見るんでしょうか?


 


あまりにも幸せそうな寝顔でした。


 


b0304411_872924.jpg


お昼寝を終えて、気持よさそうな黒猫さん。


 


b0304411_873244.jpg


「あら? 何かあったの??」


って表情の白猫さん。


 


「猫公園」の昼下がりの光景でした。


 


つづく


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-28 22:49 | kuronekosann

ゴージャス!

b0304411_872888.jpg


「蒲郡花火大会」のオープニングを飾る「尺玉10発同時打ち上げ」


 


b0304411_872858.jpg


こんな花火、東京都心ではとても観る事はできません。


 


b0304411_872897.jpg


D700を三脚に固定していたんで、これらはD300の手持ち撮影。


 


流れる星を優雅に撮るのも良いんですが、


開いた瞬間のダイナミックな姿は、こんな撮影方法もあるんです(^^;


 


 


私は「大玉」が好きです。


 


この花火大会、揚げる「玉数」はそれほど多くはないんですが、


一発あたりの「見応え」があります。


 


百発のスターマインより、一発の尺玉を求め、今年も地方に足を伸ばそうかと思っています(^^)


 


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-28 22:12 | kuronekosann

キアゲハ

b0304411_872870.jpg


「母の庭」には一年中「お花」がありますから、帰省した時に「撮るモノ」が無くなる事はありません。


 


「リアトリス」に取り付いた「キアゲハ」さん。


 


b0304411_872842.jpg


最も一般的な「アゲハチョウ」ですが、赤い「ワンポイント」が印象的です。


 


まるで「航空機」の「端照灯」のようですね。


 


b0304411_872814.jpg


つぶら? な複眼が、可愛いチョウチョです。


 


しかし、チョウチョの口「フン」は、どんな構造になっているんでしょうか?


 


見ていると、とても「器用」に動かせるようですが…。


 


 


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-28 07:04 | kuronekosann

「ガンダム」再び立つ!

b0304411_872752.jpg


昨年、お台場まで観に行った「1/1スケール ガンダム RX-78」


 


この夏は、バンダイ本社工場のある「東静岡」駅前に現れました。


帰省した7月24日は、奇しくも「一般公開初日」と言うことで、途中下車して撮ってきました(^^;


 


b0304411_872713.jpg


「再塗装」されたばかりなんで、「ロールアウト」直後というか、より「おもちゃ」っぽく見えますが、


その存在感は、「圧倒的」なものがありました。


 


b0304411_872799.jpg


前回は「仕事帰り」に立ち寄って、コンデジで撮りましたが、今回、やっとD300にて撮影。


 


こんなモノが、実際に目の前に現れたらイヤです。ビビリますね(^^;


 


b0304411_872776.jpg


ミストを噴出す「ギミック」など、より「進化」した姿が楽しめました。


これ、観るだけなら「タダ」なんです(^^)


 


傍にある「静岡ホビーショー」のパビリオンは「有料」なんですが…。


 


 


お近くに来られた方はぜひどうぞ。


「一見の価値」はある物だと思います。


 


 


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-28 04:53 | kuronekosann

スズメちゃんは何処にいる? その4

b0304411_872769.jpg


「モグラスズメ」


 


この時期、スズメちゃんはあちらこちらで「砂浴び」しています。


 


暑くなればなるほど、こんな光景が見られます。


 


熱くはないんでしょうか?


 


b0304411_872796.jpg


「跳びスズメ」


 


炎天下のレンガやコンクリートは、とても熱くなります。


 


人間ですら、「素手」で触るのが危険なくらい…。


 


b0304411_872719.jpg


「電線スズメ」


 


外気温が35度を超えても、スズメちゃんは元気でした(^^;


 


b0304411_872790.jpg


「海スズメ」


 


海岸の岩場にも…。


 


この水たまりは「海水」です。


 


 


スズメはか弱い動物ですが、とてもしたたかでもあります。


 


「スズメを見なくなった」という「都市伝説」に惑わされないで、


スズメちゃんの「生態」をもっと知ってもらいたいと、私は思っています。


 


 


おまけ


b0304411_872736.jpg


「歩哨スズメ」


 


とある駅舎の軒先に、スズメちゃんの「コロニー」があります。


 


子育てに忙しい仲間の為に、こうして「歩哨」に立つ若いスズメちゃんもいるんです。


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-27 05:41 | kuronekosann

大輪の華

b0304411_872118.jpg


 


b0304411_872452.jpg


なんとかフレームには収めましたが、ピンボケですね(^^;


 


30号玉を撮るなんて、年にたった一度のチャンス。


 


6秒もの露出時間では、途中で修正も利きません。


 


ND(減感フィルター)付けて、真っ暗な空の何処に「ピント」を合わせたら良いのか?


 


b0304411_872751.jpg


すぐに修正しての、尺玉のカット。


 


打ち上げ場所が全く違うんで、すかさずカメラの向きを変え、ピントを修正して…。


 


それでも、昨年よりは手応えのあった撮影でした。


 


b0304411_872718.jpg


「第28回 蒲郡まつり 納涼花火大会」


 


今年は7月25日開催でした。


 


30号玉を3発も揚げるんですが、1発目は撮影する為には「捨て玉」にするしかありません。


 


 


何処でどの位の大きさで開くのか?


 


初めて訪れた時は、全く判りませんでしたから…。


 


今回は、それなりに準備をしたつもりだったんですがね(^^;


 


やっぱり「花火」は難しく、「面白い」被写体でした。


 


 


 


 


 


 


by kuronekosannh | 2010-07-27 01:31 | kuronekosann



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧