ねこの溜息

カテゴリ:国際( 90 )

「歴史」問題を蒸し返されて一番迷惑なのが米国ですから(^^;

 >米側も日本の対中政策を手放しで支持しているわけではない。ある日本政府関係者は米政府関係者から「個人的見解」と断った上で、閣僚による靖国神社参拝などを念頭に「歴史問題でこれ以上日中関係が悪化するのは米国にとって望ましくない」と伝えられたという。


 


今、問題になっているのは「歴史」ではなく、「歴史観」の問題です。


 


事実を客観的に見るのが「歴史」。


主観的に見ている内は、それは既に「歴史」では無いのです。


 


by kuronekosannh | 2013-06-14 00:54 | 国際

「歴史」問題を蒸し返されて一番迷惑なのが米国ですから(^^;

 >米側も日本の対中政策を手放しで支持しているわけではない。ある日本政府関係者は米政府関係者から「個人的見解」と断った上で、閣僚による靖国神社参拝などを念頭に「歴史問題でこれ以上日中関係が悪化するのは米国にとって望ましくない」と伝えられたという。


 


今、問題になっているのは「歴史」ではなく、「歴史観」の問題です。


 


事実を客観的に見るのが「歴史」。


主観的に見ている内は、それは既に「歴史」では無いのです。


 


by kuronekosannh | 2013-06-14 00:54 | 国際

「国民のマナー」より「国家のマナ-」が先!

>「文明的旅行者であることは、国民一人一人に課せられた義務である」


 


もっともらしい事を言っていても、政府が「国際ルール」を平気で破っているのですから「絵に描いた餅」にすぎません。


 


「文化的国家」であれば、他国への侵犯行為などしません。


by kuronekosannh | 2013-05-31 01:35 | 国際

「国民のマナー」より「国家のマナ-」が先!

>「文明的旅行者であることは、国民一人一人に課せられた義務である」


 


もっともらしい事を言っていても、政府が「国際ルール」を平気で破っているのですから「絵に描いた餅」にすぎません。


 


「文化的国家」であれば、他国への侵犯行為などしません。


by kuronekosannh | 2013-05-31 01:35 | 国際

これは「宣戦布告」と捉えるべきです。

>国家海洋局の「行動計画」に基づく「主権維持行動」だとしている。中国はまた、尖閣周辺を「領海」とする基線を発表するなど尖閣奪取への布石も急速に打ち始めている。


 


 


「尖閣諸島」は明らかに我が国の領土です。


 


所有者が「個人」から「国家」に変わろうが、侵略する意思のある相手には関係の無い事。


 


ただし、この問題が「国際問題」に発展するのは、世界のNo.2を目指す中共としては避けたい事態でもあります。


 


だから、


>ロシアでのアジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議最終日の9日、胡錦濤国家主席は野田佳彦首相と立ち話をし、日本政府の尖閣購入について「不法かつ無効で、断固反対する」と述べた。翌日、中国外務省が「日本があくまで耳を貸さずに独断専行するならば、それによって生じる一切の深刻な結果は日本側が負うほかない」との声明を発表した。


 


こんな「声明」を出すしか無いのです。


 


黙っていては「負け」です。


 


「外交」とは、「実戦のない戦争」です。


 


相手を慮って、我が国の国民すら上陸させないという態度では、中共にナメられるだけなのです。


 


石原都知事を一度「上陸」させれば良いのです。


 尖閣に「日の丸」を掲げる事が、中共には一番のダメージになります。


 


 


それくらいで「戦争」にはけしてなりません。


 


私は「断言」します。


 


by kuronekosannh | 2012-09-12 06:02 | 国際

まあ、当然の結果ですね。

すべては、我が国の弱腰外交が招いた事です。


 


>無理をすれば、器物損壊罪で刑事責任を追及することもできたはずだ。


 


尖閣沖での「体当たり漁船」や「不法上陸者」に、何ら法的処罰を与えずに帰国させてしまったのは、我が国の政府です。


 


今回、中国政府は犯人の「弁護士」なのですから、我が国からの強い抗議と告訴が無ければ、軽犯罪として裁くしかありません。


 


わざわざ自国民を「無理して」犯罪者に仕立て上げる事はできません。


 


>中国の描いたシナリオに沿って事が進んだ感が残る。


 


そうではありません。


これは事なかれ主義に陥った我が国政府の描いた「シナリオ」ではないかと私は穿ってみてしまいます。


 


我が国が正式に「抗議・告訴」をしていれば、これは外交官への立派な「国際犯罪」となったのです。


 


それをしなかったからこそ、中国としても国内法の「軽犯罪」で済ますしかないのです。


by kuronekosannh | 2012-09-05 01:35 | 国際

今更遅い。

>首相は会見の冒頭、領土問題をめぐる民主党政権の対応として(1)離島の保全管理(2)日本周辺海域の警備態勢強化(3)日本の主張の正当性に関する対外発信-を列挙した。


 


今頃こんな事を言い出したって、時既に遅いのです。


確かに自民党政権時代にも遠因はあります。


 


朴正熙時代や、金鍾泌が現役で居た頃の日韓関係は、ある意味「出来レース」でした。


 


「克日」で頑張っていた頃の韓国には、まだ将来があったと私は思っています。


 


それをぶち壊したのが「河野談話」と「金鍾泌の引退」だったのです。


今だ「克日」を目指しているのであれば、我が国の「パートナー」としての重要度は変わりありませんでした。


 


 


しかし、彼の国の指導者は朴正熙亡き後「反日」に転じました。


 


「最後の要」が金鍾泌だったのですが、彼が引退した後は、もう歯止めが効かなくなったのです。


 


 


幸い河野洋平も金鍾泌もまだ「生きて」います。


 


彼らがすべきは、このこんがらがった日韓関係を死ぬ前に解く事なのです。


 


それをすれば多くの「返り血」を浴びる事になりますが、政権中枢に居た者として、最後の仕事ではないのでしょうか?


 


「何をすべきか?」


それは、「真実を語る」しかないのです。


 


by kuronekosannh | 2012-08-25 00:02 | 国際

我が国の真の友好国とは?

そろそろ付き合う相手を選ぶ時期にきているのでしょう。


 


特亜と「友好」しなければ、我が国は「アジア」から孤立するとは、大手マスゴミの決まり文句です。


 


でも、我が国の事を大事に思ってくれている「アジア」の国は「タイ」「台湾」「インドネシア」「フィリピン」他たくさんあります。


 


仲良くできない隣人よりも、こうした友好国との付き合いをもっと重視すべきです。


 


「人口」も「経済」も、東南アジアは次の世代の中核になれるだけのポテンシャルを持っています。


 


我々が偏見を捨てるべきかもしれません。


 


by kuronekosannh | 2012-07-30 18:08 | 国際

「武力」に勝る「文化」の力

どれだけ「オタク」の破壊力は強いのでしょうか(^^;


 


私はかつてアイドルマニアでした。


マイナーなアイドルを見つけて、応援するのが心地良かったのです。


 


しかし、「モーニング娘」あたりから「アイドル」のあり方が変わったように思います。


 


「個人」ではなく、「集団」の中の「個」。


 


 


その兆しは「キャンディーズ」あたりからあったのです。


「キャンディーズ」の顔はランちゃんでしたが、私が好きなのはミキちゃんでした。


 


しかし、「歌」で好きなのはスーちゃんがメインボーカルをつとめた曲。


 


「歌は世に連れ、世は歌につれ」と言われますが、


まさにその通りなのです。


by kuronekosannh | 2011-09-25 06:59 | 国際

文化侵略

「日本文化」の浸透力は、我々日本人の想像を遥かに超えています。


それを自覚しないといけませんし、それを傘にきてもいけません。


 


 


文化とは高い所から低い所へと流れて行くものです。


 


いくらK-POOPに下駄を履かせようが、J-Popには敵いません。


 


政府がいかに支援しようが、「文化」は変えられないのです。


by kuronekosannh | 2011-09-24 23:05 | 国際



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧