ねこの溜息

瓢湖にて。その3

b0304411_09423069.jpg
「みにくいアヒルの子」と呼ばれる、白鳥の「幼鳥」

確かに、羽色はグレーで、嘴の黄色もまだ出て来てはいませんが、
大きさはもう「成鳥」と変わりません。
なんとも可愛らしい5兄弟(姉妹?)でした。

b0304411_09490952.jpg
カメラ目線で(^^)
瓢湖は渡り鳥の天国なので、この日は白鳥だけで5,800羽以上が飛来していました。
しかし、圧倒的に鴨さんの方が多いのです。
おそらく、その数は50,000羽以上ではないでしょうか?

b0304411_09550905.jpg
瓢湖で最も優勢なのが「オナガガモ」

かつて、渡りの鴨といえば「マガモ」でしたが、此処最近はあまり見掛けません。
都内でも、圧倒的にこの子達が多いのです。

b0304411_09583871.jpg
私の好きな「キンクロハジロ」

日比谷辺りのお堀にもいっぱいいます。

b0304411_10011079.jpg
「ホシハジロ」

赤い目が印象的な鴨さん。
都内では「浜離宮」など、海に近い所に多くいます。

b0304411_10064586.jpg
「ヒドリガモ」

「キューキュー」という鳴き声が特徴の鴨さん。
都内ではほとんど見掛けません。

「ガーガー」「グワッグワッ」「コーコー」「キューキュー」と、
この時期の瓢湖は鴨や白鳥の鳴き声でとても姦しい場所となります。
その声が聞きたくて此処を訪れるのです。

ライブで聴く野鳥のコーラスは良いものですよ。

b0304411_10043170.jpg
しかし、あまりの鴨さんの多さに、
白鳥さんも苛立っているようでした(^^;







by kuronekosannh | 2014-11-24 10:18 | kuronekosann
<< にゃんこにゃんこ その588 ... 瓢湖にて。その2 >>



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧