ねこの溜息

キジバト

b0304411_072593.jpg


私はこの子が密かに「大好き」です(^^;


 


「ヤマバト」とも呼ばれていますが、街中でもしょっちゅう見かけます。


 


 


不思議なのは、キジバトとドバトの「交雑種」を見かけない事。


犬や猫には「雑種」がいますが、「キジバト」はキジバトなのです。


 


街中にはドバトが山ほど居るのに、何故「交雑」しないのでしょうか?


 


人類でも、「黒人」と「白人」の「混血児」は普通にいますが、


キジバトの「混血種」を見たことはありません。


 


b0304411_072547.jpg


考えてみれば、自然界に「鳥の雑種」を見た事がありません。


 


鶏なら、「品種改良」によって、様々な「品種」が生み出されています。


 


ところが、同じ「ハト目ハト科」でも、キジバトとドバトでは「混血」しないのです。


 


 


「スズメ目」も同じですね。


スズメ・シジュウカラ・メジロ・エナガなど、同じ「テリトリー」で生活しているのですが、


「混血種」を見た事はありません。


 


鳥さんのDNAは、特殊なのでしょうか?


 


 


 


 


by kuronekosannh | 2011-04-29 07:26 | kuronekosann
<< 藤2011 「東電」は「オオカミ少年」にな... >>



見たまま、感じたままで。二つ名「ヤマト」をいただいていますので、お好きな方で呼んでください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
稲田
at 2016-08-25 05:23
四谷「千枚田」
at 2016-08-24 20:00
鳥さん
at 2016-08-16 03:02
熱帯スイレン
at 2016-08-11 23:40
「掛川花鳥園」
at 2016-08-11 22:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧